振袖の「知りたいこと」にお答えします!メイキングストーリー

袋帯メイキングストーリー

  1. デザイニング

    振袖に合わせてコーディネイトして1枚の絵を書くように袋帯をデザインしてゆきます。

  2. 紋彫(もんほり)

    デザインされた帯をデザイン通りに織るためにどんなデザインか、織組織なのかを指示する設計図を作ります。昔は紋紙という織組織の穴を空けた厚紙を使いましたが、いまはコンピュター化され、フロッピーディスクに紋紙の情報を入れています。

  3. 糸染め

    織る帯に必要な糸を準備し、指定された色に染め上げることが重要です。データ染織ではないために、微妙な色を調整して、指定の色を染め出すのは職人の長年の勘がすべてです。

  4. 糸繰(いとくり)

    染色を終えた糸は、綛(かせ)の状態になっています。これを後の工程の経糸(たていと)の整経や緯糸(よこいと)の緯巻の各工程で扱いやすいように、糸枠に巻き取る作業です。次の仕事がしやすいように力加減に気を遣って作業を進めてゆきます。

  5. 整経(せいけい)

    経糸の準備をするのが整経の工程です。通常4千本、多いものでは1万本もの経糸が使われています。巻取りが終わったら、ドラムの後方に設置した千切(ちきり)という木製の筒に、たるみが出ないように厚紙を挟みながら巻き取って完了します。

  6. 緯巻(ぬきまき)

    織機にかけるために経糸を整経の工程で準備したように、緯糸も織り入れるための準備をします。糸枠に巻き取られた緯糸を杼(ひ)にセットできるように竹の管に巻いてゆきます。杼とは、織機の経糸の上を左右に走り、経糸の間に緯糸を通すための平らな舟型の道具です。

  7. 製織

    長い準備工程を経て、製織のブロックに。西陣の代表的な力織機(りきしょっき)・ジャカードにより模様が織り出されてゆきます。この時、糸の補正やチェックができるように柄の裏側を表にして織りあげてゆきます。できあがった帯は4メートルもの長さになります。

    その他のメイキングストーリーを読む

ページの先頭へ戻る